2009年04月12日

春の森林公園での補助無しレッスンで、その先に潜む危険を体験。やはり油断は大敵。

09041201.jpg

春麗らかな本日、ある程度の距離を走って慣れない事には、補助無し卒業しきれなのではないのか?ということで、懐かしの森林公園まで行って参りました。

ここは結婚前に嫁とブラブラしに来て以来なので実に20年弱ぶり。自転車は下の娘のしか持って来られなかったので、残りの3人はレンタルする事に。

自分はMTB系で嫁さんはマミーサイクル。上の娘はお子様サイクル。でも3台借りると結構なお値段。やはり早めにクロスバイク欲しいです。

 
そんな事を思いつつコースに出てレッツサイクリング。下の娘も最初はフラフラしてましたが、次第に慣れてきて、左右の認識は心持たないのですが、お茶碗お箸で伝えればそちらの車線へ移動もできる様になりちょと安心。

09041202.jpg  09041203.jpg

でも危険はこのトンネルの少し先で待っていたのでした。若干スピードを出し気味の娘に、ポインよポイントでブレーキをかけさせるものの、予想以上にスピードが出てしまいチョッとパニック。

並走してる親も一緒にチョびっとパニック。ブレーキを連呼するけど娘はもう停まらない。いや多分頭の中が真っ白なのでしょう。何てたって目の前に迫りつつある、駐輪場の自転車がドンドン大きくなって来るわけだし。そしてグワッシャーン…。


09041204.jpg

急いで駆け寄ったら怪我はありませんでした。良かった良かった。とりあえず落ち着かせ、倒れた自転車起こして持ち主にお詫びを…。

と暫く探してみましたが見つからなかったので、とりあえずスピードは出さない様に伝え後はのんびり走行。自転車返却して家路に向かいましたが、車に乗って直ぐに子ども達は夢の中でした。それにしても危険は直ぐそこにあるものなので、油断大敵だとつくづく思いました。
posted by kerokerockers at 20:30| 埼玉 ☁ | TrackBack(0) | 埼玉県内のあちこちへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック